本日のマンツーマンレッスン

 

 

バッティングフォームを見ていて

どうしても右腕の使い方、構え方が

気になっていた。

 

 

脇を閉めて打とうとするフォームです。

 

 

私も少年野球の頃は「脇を閉めて打て」

なんて言われてましたが、昔からの考え方

なのか、今の監督やコーチにもこう言った

指導をするようです。

 

 

別に「脇を閉めて打て」は悪いことでは

ないのですが、やはり指導者はその子に

合ったバッティングフォームを教えて欲しいですね。

 

 

私は子どものに

「メジャー選手みたいに構えてごらん」

そう伝えました。

 

 

構えたらなんとかっこいいことか!!

打ちそうな雰囲気も出まくってます。

 

 

「その構えでいつも通りに打ってみて」

 

 

その構えで打ったら実際に打球も

スイングスピードもかな~り良くなりました。

本人も親もびっくりです。

 

 

親も「こっちの構えの方がいい」と

大絶賛していました。

 

 

なぜ、メジャー選手みたいに構えるのがいいのか。

これにはきちんとした理由があるし、

子どもの特徴をしっかり把握しているからです。

 

 

バッティングフォームも教え方は

無数にあります。そして、

バッティングフォームに答えなどありません。

 

 

指導者はいくつもの引き出しを

用意する必要がありますね。